サーバー

おばあちゃんのWordPress指南書・にノ巻【https、SSL設定の確認と設定方法】…003

更新日:

SSL(暗号化保護)になっているかの確認

独自ドメインの場合は、エックスサーバーにそのドメインを登録するときに、無料独自SSLを利用するという項目に、初期設定でチェックが入っているので、そのまま登録すればいいのですが、

今回のようにエックスサーバーから割り当てられた初期ドメインの場合は、SSL設定はされてません。

どこで確認するかというと、すでにWordPressをインストールしたときのURLで確認できたのですが、手順を急ぐあまり見逃してました。申し訳ありません。

ということで、動画ではWordPressの管理画面に入って確認しています。

SSLかどうかの確認と設定まで

動画の途中で、GoogleChromeというブラウザで確認したシーンがありますが、共有画面を変更することを忘れたので、GoogleChrome画面が表示されてません。
申し訳ないです。静止画でこちらにアップしておきます。

GoogleChrome(ブラウザ)でhttp://のサイトを確認してみると・・・

SSL設定、つまり、URLがhttps://で始まっていればいいのですが、http://で始まっている場合は、暗号化保護されていません。

ということで、ブラウザのGoogleChromeで見ると、なんだか印象の良くない表示が出てしまっています!!

検索ページへの順位にも、この点は影響しますので、https://の暗号化保護サイトにしておくべきですね。

エックスサーバーで、SSL(暗号化保護)設定(申請)をする

まず、エックスサーバーのサーバーパネルhttps://www.xserver.ne.jp/login_server.php)に、「サーバーアカウント情報」の方の「サーバーID」と「サーバーパスワード」を使ってログインして、SSL設定をしましょう。

サーバーでのSSL設定浸透後、ワードプレスの管理画面でhttpsのURL設定をする

▼GoogleChromeでの表示も、安全な文言に変わりました。

 手順004へ続きます

目次へ

【動画で説明、おばあちゃんのホームページ作成手順・WordPress指南書】目次はここをクリック♪

※疑問点、ご質問等ございましたら、下のコメント欄にお書きください、
ありがとうございます。m(__)m

※用語・解説コーナー※

※用語・解説コーナー※

記事の文章中または動画内で分からない、ご存じなかった言葉、単語などありましたら、是非お聞かせ下さい。
コメント欄に書いてくださると私も勉強になりますので助かります。
どうぞよろしくお願い致します。m(__)m
あなたとのご縁に感謝です。(^^)/

  1. デフォルト… 最初から、既存の
  2. ウィジェット… 便利なツールの総称です。そのまま名称として覚えてくださると助かります。
  3. カスタマイズ… 好みに合わせて何かを設定、変更・修正、整備などをすることです。ここの場合は、サイトのデザインや文字色背景などを設定・変更することです。

-サーバー

Copyright© 動画で説明、おばあちゃんのホームページ作成手順・WordPress指南書 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.